釣りに関する情報が満載!

ルアーの種類を知って狙った魚を釣ってみよう

魚釣りは大人だけでなく子供や、最近では釣りガールなどと呼ばれ女性でも始める人が増えています。釣りにはエサを使って釣る方法とルアーを使って釣る方法があります、このルアーは用途や狙う魚によって種類が異なっています。魚の種類によっている場所が異なっており、水深が深い場所にいる魚や浅い場所にいる魚など様々ですので、ルアーも深く沈むタイプや浮いてくるタイプなどがあるのです。中には水に投げて動かすと振動を起こしたり、また音を出して魚を探すタイプなどもあります。また形状も魚の形をしたものだけではなく虫やカエルの形をしたものなどがあり、狙う魚によってかえていきます。本物の餌を使う訳ではないので本当の餌のように動かす技術などが必要であり、また狙う魚によっても変えていく必要があるので初心者よりも上級者に好まれている釣りの方法です。しかし自分の狙ったポイントや動かす技術などによって釣れるととても面白さを感じる釣りでもあるのです。

ルアーの使用場所による種類の分類

ルアーフィッシングでは生餌ではなくルアーと呼ばれる疑似餌を使用します。これには色々な種類があり、使用する場所の水深や、狙いの魚によって使い分けていきます。例えば、トップウォーターという種類では、浮力が高く水の中に沈まないのが特徴のため、水面を走るように動かすことにより魚が食いつく瞬間がダイレクトに見ることができます。ただし、水深の深い場所にいる魚には不向きになります。フローティングはある程度の浮力があるため、沈みにくく、表層から1〜2メートルほどの場所を責める場合に使用します。サスペンドはルアーの動きを止める水中内で停止します。フローティングよりも深い2〜4メートルほどの水深で使用する場合が多いです。シンキングは動きを止めると底に沈みます。水底にいる魚を狙う場合や狙いの魚のいる層に合わせて動かすなどの使用法があります。更に素材や形によっても数多い分類がされていますが、まずは狙いの魚がいる深さごとに種類を覚えましょう。

Valuable information

最終更新日:2017/3/2


ページ先頭へ戻る▲