釣りに関する情報が満載!

ルアーの付け方について

ルアーとは釣りの際に用いられる道具のひとつであり、餌の代わりに用いられるものです。その先端には魚を捕えるための針をついており、動きや色、匂い、味などで餌のように魚を誘うという役割を担っています。このため日本語では疑似餌と呼ばれることも多く、通常の餌とは異なり何度でも使用することができるということで人気を集めています。多くのルアーはルアーフィッシングと呼ばれる釣りで用いられており、その種類はハードとソフトと大別されるところからさらに細分化して豊富な種類があります。その種類によって付け方は異なっており、また釣ろうと思っている魚の種類によっても異なってきます。そして付け方と同様にラインの結び方によっても釣ることができる魚や釣り方が違ってくるため、それらの種類を複数覚えておくことで様々な魚を釣ることができるようになっています。特にリングと呼ばれる部品にラインを結ぶかどうかによっても違ってくるので、その点も勉強しておくと釣りの幅が広がると言われています。

魚の種類に適したルアーの付け方について

ルアーは魚釣りに用いる擬似餌の一種で、金属や樹脂など食用ではない材質で作られているのが特徴です。形状や配色が多彩なことから、釣り上げる対象の魚によっては虫や小魚のような生きている餌よりも高い効果を発揮します。また、近年では匂いや光などを発して魚をおびき寄せる製品も市販されているので、より効率的に魚釣りを楽しむことが可能になっています。ルアーの性能を発揮するためには釣り糸への付け方に工夫を施す必要があります。魚は種類によって視力の高低や警戒心の有無が大きく異なるので、それぞれの魚に適したルアーの付け方を把握することが大切です。魚釣りは魚の習性を踏まえて行うことで成果を上げることができるので、事前準備を入念に行うことが不可欠です。擬似餌の付け方は書籍や釣り具の販売店などで教わるのが一般的ですが、近年ではインターネット上で増加している釣り人向けの情報交換サイトで学習することも可能になっています。

おすすめWEBサイト 5選

2017/3/2 更新


ページ先頭へ戻る▲