釣りに関する情報が満載!

ルアーフィッシングの魅力と海釣りの対象魚

魚が餌として好みそうな小魚の形を模し、あたかも生きているかのように水中を泳がせて魚を釣り上げるのがルアーフィッシングです。言わば魚との知恵比べであり、騙しあいであり、その駆け引きが魅力のゲームフィッシングです。主に小魚を模した疑似餌なので、釣りの対象となる魚は大物が多いのも釣り人を惹きつける理由の一つです。海釣りではシーバスと呼ばれるスズキ、イナダやサワラなどの青物、川や湖ではブラックバス、ヤマメ、イワナなどの渓流魚が対象魚となります。イソメやゴカイ、イワシなどの活き餌や撒き餌を用意しなければならない従来の釣りに比べて、ロッドとリール、ルアーだけの簡単装備なのもこの釣りの魅力です。生臭い活き餌に触ることがないので、そのようなものが苦手な女性などに向いています。これまでは釣りのポイントとして考えられていなかったような場所、例えば大都市の沿岸部にも意外と大物が潜んでいるのが分かり、ルアーフィッシングはますます盛んになってきています。

ルアーを用いた海釣りの楽しさ

海釣りでは川釣りとはまた違った種類の魚を釣る楽しさがありますし、ボートを持っていれば沖に出てまた違った種類の魚を釣ることができるため、川釣りにはない楽しさを満喫することができます。また、通常であれば普通の餌を利用して釣るものとなっていますが、ルアーを用いても釣ることが可能となっており、餌を用いたものとは違う魚をターゲットにすることができます。とはいえ、ルアーはあくまで疑似餌であるため通常の餌で釣れる魚が釣れないということもあり、なかなか難しいということもあります。ただ、ルアーで海釣りをする場合は小魚をターゲットにした釣りを楽しむことができるという特徴があり、その特徴を生かして小魚が集中している場所を狙うことがお勧めされています。特に小魚は通常の餌よりも食いつきがいいため、次々にヒットしていく楽しみや壮快感を楽しむことができるので、海釣りでも十分釣りの楽しさを満喫することができるようになっています。

注目サイト

Last update:2017/3/2


ページ先頭へ戻る▲